図書館おすすめの一冊

夏の庭 The Friends/湯本 香樹実

ひとり暮らしの老人を観察し始めた3人。しかしいつしか友情が生まれていきます。読書感想文の課題図書として採用されたこともある1冊です。(図書館だより41号掲載)

プラチナデータ/東野圭吾

DNAに関する法律が施行されて起こった殺人事件。すべての人間のDNAが管理されるという、フィクションでありながらそう遠くない未来のような話です。(図書館だより41号掲載)

ゲゲゲの女房/武良 布枝・作

NHK連続テレビ小説の原作本です。テレビアニメになる際に「ゲゲゲの鬼太郎」という名前に変わった理由など、エピソードが満載の一冊です。(図書館だより41号掲載)

ぞくぞく ぞぞぞ/狩野宗信・作 水木しげる・推薦

九州国立博物館に所蔵されている、狩野宗信の「化物絵巻」には、ちょっと変わったようかいや、ユーモアあふれるばけものたちが描かれています。(図書館だより40号掲載)

図書館ねこデューイ/ヴィッキー・マイロン 著 羽田 詩津子・訳

1988年。アメリカの小さな図書館の返却ポストに捨てられていた、一匹の子猫。
その猫はのちに、世界で知られる「図書館ねこ」となりました。(図書館だより40号掲載)
1 | 2 | 3 | 4